幼児教育から生涯学習まで【経済史ドットコム】

着物ライフを楽しむサービス

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

着物博物館「着物ライフ」は2021年10月2日に開設し、世代も時代も超えて着物の思い出や楽しみを追いかけています。

着物ライフが考える「ライフ」とは

着物ライフは着物ラブを次の2点から重視しています。

  • 着物を普段着に着て過ごす
  • 着物を外出着に着て楽しむ

このために、20世紀和服が自縄自縛した細かいルールを無視しています。

着物の歴史は、19世紀までの和服の自由度が高く、20世紀の作られた伝統だけが100年間浮いた状態にあります。

いま、不幸な着物の歴史が自由な歴史へと変わるかも知れません。若い女性や女子の着物ラブはワンピース着物に留まらず、羽織袴などのツーピースにまで広がっています。

ただ、20世紀着物のルールが厳しすぎた(そのわりに人によってバラバラすぎた)ことで、着物ライフを過ごそうとするには今なおハードルが高いと感じる女子たちも少なくありません。

着物ライフを支えるサービス

この記事では着物ライフを支えるサービスを紹介して、楽しく着る・自由に着ることをサポートできる枠組み情報をお伝えしています。

情報テーマは次の4点です。

  1. 着物を買う
  2. 着物を借りる
  3. 着物を洗う
  4. 着物を売る

「着物ライフ」が提携するインターネットサービスをご紹介して、サービス運営者情報を明示していますので、ご安心してウェブ訪問してみてください。

着物を買う

着物を買うときは「オンライン通販」や「オンラインフリマ」などのサービスを使います。

この記事で紹介するまでもなく、インターネットを調べると安価な着物から高価な着物までいろいろとオンラインで購入できます。

着物ライフと提携している着物おすすめインナーは次の記事で紹介しています。

着物を借りる

着物を借りるときは「着物レンタル」。この言葉は最近とくによく聞くようになりました。

日本で着物レンタルをしている地域は各地にありますが、もっとも活気があるのが京都かと思います。

着物ライフと提携している着物レンタルサービスは次の記事で紹介しています。

着物を洗う

着物を洗うとき「クリーニング」をよく使います。

着物宅配クリーニングを行なっているサービスがあります。

着物ライフと提携している着物クリーニングサービスは次の記事で紹介しています。

着物を売る

着物を売るとき「オンラインフリマ」や「買い取りサービス」を使います。

査定額が気になるところですので、この辺の事情もくわえてお伝えします。

スポンサーリンク
この記事の著者
きわもの

頭の固い人たちからボロカスいわれていた大正ロマンと民国風をこよなく愛する頭の固いブロガーです。

着物ライフをフォロー
このページをシェアする
着物ライフをフォロー
着物ライフ
タイトルとURLをコピーしました