おすすめインナー:着物にあわす下着と肌着

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

現代和服にブラジャーやショーツなどは不向きです。

かといって袷の襦袢や綿入などはほぼ手に入りませんし、単衣の襦袢すら持っていない方もいらっしゃると思います。

ババシャツを襦袢と言うかどうかは別として。

さて、19世紀までの着物や振袖、それにルームウェアだった浴衣などに下着をつけないことが多くありました。衛生観念のなさが大きいです。

1870年代に裸体禁止令が出るなど、近代日本では身だしなみにも配慮するようになりました。

おすすめインナー:着物にあわす下着と肌着

でも今は、下着にもいろんな機能がついていて和服にあう下着もあります。

下着や肌着にくわしいグンゼにはこんな記事があります。

これらの記事を参考にして、ここでは着物にあわす下着と肌着を紹介します。

振袖の下着:トゥシェ「縫い目ゼロ」シリーズ

モデル撮影のときにスタイリストがアウターに響きにくいとおすすめするシリーズです。

縫い目がなく、滑らかな生地とヌーディカットにより下着のラインが目立たないほか、洗濯表示も転写プリントされており、長時間ストレスなく着用できます。【振袖の下着どうする?】覚えておきたい着物用下着の基礎知識

「縫い目ゼロ」シリーズおすすめの4点を挙げます。

振袖の防寒テク:発熱インナー

ついで「キレイラボ」シリーズから振袖の防寒対策用の肌着選びにおすすめのインナー。

浴衣に普通の下着を代用

浴衣には普通の下着を代用する手があります。

おすすめ代用ブラジャー

ブラジャーではバストダウンしてくれるものを選ぶのがポイントです。

おすすめ代用インナー

インナーでは襟ぐりが広いものを選ぶのがポイントです。

おすすめ代用ショーツ

次はショーツ。

選ぶポイントは着たときに形がわからないもの、アウターに響かないもの。

自分のTPO

グンゼの振袖の下着、浴衣のインナーから着物にあわす下着と肌着を紹介しました。

振袖には防寒対策も、浴衣には汗対策も大切です。着ていく場所のTPOだけでなく、みなさんが楽しめるように自分のTPOもさがしてみてください。

スポンサーリンク
この記事の著者
きわもの

頭の固い人たちからボロカスいわれていた大正ロマンと民国風をこよなく愛する頭の固いブロガーです。

着物ライフをフォロー
このページをシェアする
着物ライフをフォロー
着物ライフ
タイトルとURLをコピーしました