幼児教育から生涯学習まで【経済史ドットコム】

大正ロマン(大正浪漫)の記事リスト

大正ロマン(大正浪漫)は近代日本の到達点でした。

ゆったりした建築物や広い室内を背景に撮影すると大正ロマン(大正浪漫)風に写真が映えます。

新しい街だった江戸を東京にあらため、西洋技術を導入して関東の荒地を整備したので建物も広く天井も高い。開拓が進んでしまってちっぽけな物をあれこれ作った昭和レトロと違う点です。

また、関西圏の街より関東のほうが広く高めになるのは、近畿地方が畿内といわれ開拓が古代から進んできたからです。近代に開拓する余地が少なかったのが関西です。

スポンサーリンク
エキスポ日記

クラブMOGA展:モダンガール―大正・昭和のモダンライフを愉しむ

近代日本の化粧品とファッションからモガをふりかえる展覧会。スペースは狭いですがモダンな化粧品実物や雑誌などがピンポイントで揃っているので楽しめました。まだ全国的に普及しはじめたばかりの「ポケット学芸員」アプリが使えます。
ギラリー

レイレイさんの初セルフ着付け撮影会

5月5日こどもの日にレイレイさんが着物を初めて自分で着付け、その記念に撮影会に行きました。概ね自撮りをされていましたが、私もパシャパシャ隣でスマホを稼働。まずは日傘を差したレイレイさんの上半身姿を3点ご紹介いたします。テーマは大正ロマンです。
ブックレビュー

日本のラベル:明治・大正・昭和

1997年に京都書院アーツコレクションのシリーズで刊行されていた『日本のラベル』を改訂・新装本で刊行したのがこのラベル集。ラベルは上方文庫のコレクションを中心に編集。文庫本なので手軽に明治・大正・昭和のラベルを楽しめます。
ブックレビュー

日本のポスター:明治・大正・昭和

京都書院アーツコレクションの新装版、三好一『日本のポスター:明治・大正・昭和』の書評。この文庫本の総ページ数は約250頁で、1頁に1点のポスターをオールカラーで紹介しています。手軽に大正ロマンや昭和モダンのポスターを楽しめる点でおすすめします。
エキスポ日記

コスメチックス広告-広告にみる大正ロマンと昭和モダン-

朝から自転車で妻と西本町のクラブコスメチックス文化資料室へ。同資料室では第17回企画展「コスメチックス広告-広告にみる大正ロマンと昭和モダン-」を開催。今回の企画展は雑誌からクラブ化粧品の広告をまとめています。
ブックレビュー

日本人のすがたと暮らし:明治・大正・昭和前期の「身装」

大丸弘先生と高橋晴子の共著。近代化における日本人のすがたと暮らしの実態をテーマ別に洞察。大正ロマンや昭和レトロなど、近代の着物ライフを知るのに適切。値段が高くても持っておきたい1冊で、近代日本のファッション歴史を学ぶ最初に読むべき本です。
スポンサーリンク
このページをシェアする
着物ライフをフォロー
タイトルとURLをコピーしました